立花由佳の告白

「山田くん、彼女はいないの?」

「は、はい、いません」

「そ、そう。でも、今までに一人くらいは付き合った人いたんでしょ?」

「い、いえ……そ、その……女性と付き合った経験はありません」

まあ、予想通りの答えでした。

「ぜんぜん? 一人も?」

「は、はい。じょ、女性と手を触れたのも小学生のころ以来です。で、でも……」

「でも?」

「す……んん……す、す、好きな女性の手に触れたのは、きょ、今日が初めてです」

言ってすぐに俯く山田くん。

その顔は茹ダコのように真っ赤でした。

恋心を前面に押し出してくる山田くんを前に、いっそうドキドキと高鳴っていく胸。

「あ、あのさ、こんな質問して、変なオバサンって思わないでくれる?」

「オ、オバサンだなんて、とんでもないです! た、立花さんはすごく綺麗で、そ、その……う、美しい人です」

「あっ、ありがとう」

綺麗とか美しいとか、異性にそう言ってもらえたのは何年ぶりだろう。

もうこの瞬間に、私の理性の箍は外れていました。

「山田くん、単刀直入に聞くけど、これまでに女性と付き合った経験がないってことは……その……童貞ってこと?」

「へっ!?」

「あ、いや、そうなのかな~と思って」

「あ、あの……そ……そ、そうです」

「じゃあ、我慢出来ないときはどうしてるの?」 

「ど、どうしてるのって言われても……そ、その……」

「エッチな本っていうか、その類のビデオとかを観て……なんていうか、一人でやってるの?」

質問する声が、自分でもハッキリと分かるくらい上ずっていました。

また、激しさを増していく動悸が女の芯の部分を刺激しはじめ、私は熱く火照りだしていく股間を思わず両手でキューッと押さえ込みました。

「そ、それは……」

とんでもない質問を受け、まるで亀のように丸くなっていく山田くん。

「こ、こんなオバサン相手に恥ずかしがらなくてもいいよ。ごめんね、変なこと聞いて」

「た、立花さんはオバサンじゃありません! ぼ、ぼ、僕にとっては女神のような人で……す、凄く素敵です。憧れの女性です」

丸めた上背から顔をひょこっと突き上げ、その言葉が本心だということを眼が力強く訴えてきました。


Continue tomorrow・・・・・・



悩殺アダルト堪能小説集