秘密の共有

今日はパパとママが親戚のお家にお泊りなの。

だから、家の中には中学2年の弟、優太と2人きり。

優太ったら、最近やけに景子を見る目がHなの。

最初は気のせいかなって、思ったんだけど、景子のシャワーを覗こうとしたり

洗濯機に入れたはずの景子のブラが、優太の部屋から見つかったり。

女の子の体に興味がある年頃なのかしら?

この前もパパとママが寝たあと、こっそり景子の部屋に入ってきて

突然『お姉ちゃんの胸が見たい。』なんて言うんだもの、ビックリしちゃった。

もちろん、弟に胸を見られるなんて恥ずかしいし、イケナイことだから断ったのに。

『どうしてもお姉ちゃんの胸を見ないと、勉強が手に付かない!』なんて言うの。

最近、優太の成績が落ちてるって、ママが心配してて、景子も気になってはいたんだけど。

だから、ちゃんと勉強をガンバルっていう約束で、ブラの上から胸を見せてあげることにしたの。

優太ったら、景子の胸を見たらすごく興奮しちゃって

『ブラを外して、おっぱいが見たい!』って大変だった。

「パパとママが起きちゃったら困るでしょ。」ってなだめて、やっと諦めさせたの。

でも、パパとママは今日はお泊りだし。

優太ったら、またHなこと考えてなければいいけど…。】

トントンッ。

『お姉ちゃん、起きてる?』

「うん、まだ起きてるわよ。」

ガチャっと景子の部屋のドアを開け、優太が入ってくる。

優太の手には、DVDのパッケージらしきものが握られている。

『お姉ちゃん、これ友達に借りたんだけど、一緒に見ない?』

優太が差し出したパッケージには、裸の女の子が男性のモノをくわえている写真が写っている。

「ハッ、こ…これって、もしかして…アダルトDVD?!」

『うん、そうだよ!』

優太は悪びれる風でもなく、いつものようにニコニコ笑っている。

『あれ~、お姉ちゃんもしかして見たことないの?』

「なっ、ないわよ!」

弟にからかわれたことが恥ずかしくて、景子はカーッと顔が熱くなるのを感じた。

そんな景子にはお構いなしに、優太は景子の部屋にある

プレイヤーにDVDをセットして、再生ボタンを押した。

『お姉ちゃん、こっちで見ようよ。』

「う、うんっ。」

優太にうながされるまま、景子のベットに2人は並んで座った。

画面には、アイドルのような、可愛いらしい女の子が

下着姿でベットに寝そべり、膝を曲げ足を大きく開いている。

アップに映し出された、白いパンティーの股の部分に自分の中指をあて、ワレメを上下にこすっている。

ハァーン、アッアーン…

女の子の喘ぎ声が、景子の部屋に響き、景子は恥ずかしさでドキドキと胸が高鳴る。

チラッと横目で優太を伺うと、食い入るような目付きで、画面に見入っている。

しばらくすると、女の子はブラとパンティーを脱いだ。

形の良いボリュームたっぷりの胸を揉みながら、指で直接ワレメをこすりはじめた。

ハンッ、アンッ、

イイーッ、感じるぅ~

景子から見ても、女の子は本当に感じているみたいに見えた。

直接刺激を与えたことで、プクッと膨らみ、一回り大きくなった女の子のワレメからは

透明な液体が溢れ、内股にトロトロと流れだしている。

【すっ、すごい…濡れてる!】

ここで、色黒で体格のよい裸の男が画面に登場し

女の子のワレメをグイッと指で広げ、ベロベロと舐め始めた。

アアーン、ハァーン…

女の子の声は、男の舌の動きに反応して激しくなる。

レロレロと舌を回転させ、女の子のワレメを勢い良く舐め回す男。

ハァーン、フゥーン…

女の子の顔の表情がアップになり、眉間にシワを寄せて身悶える姿が、景子から見ても色っぽい。

男の舌が、女の子のつぼみを捕え、そこだけを集中して舐めたり吸ったりしている。

チユッ…チユッ…

クチュッ…クチュッ…

【はぁ…気持ちよさそぉ。】

アダルトのDVDは、男の人が性欲の処理の為に見るものだと思っていた景子だったが

場面が進むにつれ、景子はすっかり裸の男女の動きに釘づけになっている。

隣にいる優太も、時々ゴクンッと生唾を飲む音をさせながら、画面に集中している。

つぼみを激しく責められた女の子は、ガクンガクンと下半身をけいれんさせ、昇りつめたようだ。

男はぐったりとしている女の子を膝立ちにさせ、今度は自分の肉棒をくわえさせる。

男の黒々とした肉棒は、猛々しくそびえ立ち、景子が目にしたことがないほど、とてつもなく大きい。

女の子は慣れた手つきで男の肉棒をしごきながら、口にくわえ、激しく前後にそれを出し入れする。

ズチュッ、ズチュッ…

画面の中から、いやらしく男の肉棒にかぶりつき、しゃぶる音が聞こえてくる。

【ふぅーっ、すごいわ。】

しばらくの間、女の子の愛撫を堪能していた男だったが

おもむろに女の子の口から黒々とした肉棒をヌルッと抜き取った。

そして女の子に犬のような格好をさせ、お尻をグイッと高く突き出させた。

女の子のか細い腰を、ごつごつとした男の手ががっしりとつかんだ。

女の子のワレメは赤く充血し、開ききったビラビラからは、いやらしいよだれを垂らしている。

男は女の子のワレメの入り口に、肉棒の張り出した先の部分をヌプッとはめ込むと、ズブリッと一気に奥までねじ込んだ。

【きやっ!!】

景子は初めて目にした男女の激しい結合シーンに驚き、思わず声をあげてしまった。

優太も景子ほどではないが、興奮が高まっているようで、汗ばんだ手を固く握りしめている。

ズチュッ…ズチュッ…

ズチュッ…ズチュッ…

いやらしく男女の肉同士が絡み、こすれる音が聞こえる。

女の子の絶叫にも似た声が、景子の部屋いっぱいに響いている。

高く突き出させた結合部分に、男は何度も激しく腰を打ち付け、パンパン音をさせながら

太くて長い肉棒を女の子の奥深くまでねじ込み、グチョグチョとかき回している。

ハァーン、アンッ…

アフッ、ダメダメ…

イッちゃう~~ハンッ、

イッちゃうぅぅぅ~~~

女の子が絶頂を迎えたのと同時に、男はグフッと低くうなりながら、肉棒を抜き取った。


   Continue tomorrow・・・・・・



悩殺アダルト堪能小説集