「んぁ……耳、だめ…ぇ……。ん、んぅ……。(なんか、変な気分……。顔見えないからかな……さっきよりまだマシ…。)」

目を閉じながら耳と乳房を愛撫してくる藤野に身体を預けて、優しい動きに安心したのか緊張気味だった身体も安らいでくる。

「(くくっ…はじめにキツくしてから優しくするとより従順になりやすいってのはエロゲじゃよくある展開だからな…。

まだまだ時間はある……今は優しくしてやるかぁ…。)乃亜ちゃん……耳弱いの…?嫌だったらやめとく…?」

「ん……ちゅ、はぁ…。さっきは酷いことしてごめんね?ちょっと…興奮しすぎてたから……。」

「んっ……え…?あ、いえ……えっと、はい……。(何…?いきなり…。本当は優しい人…?そんなはずないと思うけど……。)」

どのように受け取っていいのか分からずに困っているとローターを手にした藤野が目の前に見せてくる。

「コレ…使っていい?そんなに激しくブルブルしないから大丈夫だと思うけど…。」

「え……?えっと……。す、少しなら…。」

わざわざ伺いを立ててから電源を入れ弱く震えさせると背後から胸元を覗き込んで乳輪の淵をなぞるように押し当て、徐々に乳首に近付けると優しく触れさせる。

「きゃ……っ…。ん……ん、ぁ…。(これって…ローター…?ちょっと……気持ちいい、気がする…?)」

初めてのローターに驚いたもののすぐに受け入れてくれる乃亜の乳首に押し当てると強度を少し上げていく。

耳まで赤くさせて震え、太腿を擦り合わせては恥じらう姿に興奮は高まって、

ローターを乳首に押し当てたまま太腿を撫でるとゆっくりと脚を開かせていく。

優しくされていたのが効果があったのか脚を開かせられる動きにも抵抗もなく促され股を開いている。

先程射精した時に肉棒を拭いたスカートには白くこびりついたものが見え、

そのスカートを捲り上げていくとブラジャーと同じく刺繍が施されたショーツが露わとなる。

「(抵抗ないとつまらないかなぁ…でもこれはこれで楽しいけどね。さてと…濡れ具合は……?)」

ショーツの上からクロッチ部分を指先で撫でると温かくほんのりと湿っているのが分かる。

つづきは明日・・・