「ああっ! ごめんなさい! わ、私は貞操なひ、人妻です、ひっ! 何っ!」

「ほら、バイブの背中でオ〇ンコを奏でてやる」

振動しながらクネリ続けるバイブの背中を、弦楽器を弾くようにバギナに当てて前後に動かし始めた。

「オ〇ンコがバイブで弾かれて気持ちいいだろ、奥さん……。おら、セリフだ」ブブブブッ!

「あうううっ……、ひっ、ひいいっ、私は貞操な、うっ、うっ、ひ、人妻です!」

「くねるチンポが病みつきになりそうか? えっ、奥さん」

「うううっ……私はっ! あっ、いいっ、貞操なっ、ううっ、人妻です」

「うううん? バイブがマン汁でテカリだしたぞ。もう濡らしているのか、変態め」

「だって! そんなことされて、あああっ!」

バイブの中で高速で回転しているボールの部分をクリトリスに押しつけて、男は亜希を覗きこんだ。

「クリをコツコツされて気持ちいいのか? えっ、奥さん」

「あああああっ! そこはダメえええっ!」「ダメじゃないだろ! セリフを言うんだよ!」

「あああ、大きな声を出さないで! ごめんなさい! ああ言います、私は、ていっ……ぬううっ! 貞操な、ひっひいいいっ人妻です」

「そうだ。奥さんは貞操な人妻なんだ。こんな玩具なんかで感じるわけないんだ」

ブゥウウウウッ!「ぬわああああっ! そんなにスリスリしないでえええっ!」

「オマンコが肉厚になってきたぞ。何てイヤラシイんだ」

「わ、私は、貞操な、あああっ!」「欲しくてたまらないんだろが、えっ、そうだろ」

「んんんんっ! わたし、んんんっ、て、貞操なっ! ああっ、入れないで!」

突き立てたバイブの頭がバギナに埋め込まれていく。

「ほ〜ら、勝手にオマンコが咥え込んでいくじゃないか」

つづきは明日・・・