葉月の手が湊の股間に伸び、既にそそり立った肉棒を愛撫した。「く…っ、あ…」

湊が感じている間に、葉月は脱がしにかかる。あっという間に上半身を剥き出しにされた湊は羞恥が込み上げて来た。

−これじゃ俺が女みてーじゃん…。「結城君、初めてなのね」「はい…」見破られてしまった。

相手は大人の女性だから少しは虚勢を張っていたかったが、そうも上手くはいかなかったようだ。

「ちゃんと教えてあげるわ。優しくね」−そ、それ、俺が言ってみたかった…。

普段は仕事熱心で知的なこの女性の意外な一面に驚かされる。いつも見ている雛子とは明らかに違う−。

雛子は湊の胸元に潜り込んだ。「んっ…」ちろ…。湊の乳首に雛子の舌が伸びている。

「うぁ…」ちゅぷ…。温かい舌が乳首を包み込むように蠢く。

そのイメージが鮮明に頭の中で浮かび上がると、上気で胸が弾んだ。

「せんせ、俺、女じゃないよ…」「わかってるわ。感じているのが恥ずかしいのね?いいのよ。おかしいことじゃないわ」

指で乳首を押した。「ふぁ…」「男だってちゃんと感じるのよ」「で、でもこれじゃ逆…」

くにくに。「ぅ…」「気持ち良くない?」ちゅぷぅ…。再び乳首を舌で嬲る。

「キモチ…いいです…」「ふふ…。そうでしょ?」「でも俺…、先生のもみたい…」

れろ…。「あたしの?…いいわよ。じゃ結城君が脱がせて」上着を脱ぐと、水色のブラウスになった。

湊はたどたどしい手つきでブラウスのボタンを外す。

三番目のボタンが外れると、白地に紺色の花の刺繍が施されているブラに包まれた乳房が露になった。

−先生の…、大きいな…。直ぐさまむしゃぶりつきたい。早くこの着衣を引きはがしてしまって…。

ブチィッ!「あっ…。だめよ、結城君」ボタンが弾け飛ぶ、理性と共に。

ブラウスを引き裂くと、眼前の胸に顔を埋めた。「あっ…ん」「あったかい…」

ぐにぐにっ。両手で乳房を力強く握る。ブラが歪み、乳首が現れる。

つづきは明日・・・